CONCEPT

コンセプト

いつも、いつまでも、
思いのままに動かせるカラダへ。

ランナーの「より速く走りたい」という思いや、
高齢者の「いくつになっても、好きなことができる体でいたい」という
思いを、理学療法士が独自のプログラムで実現する。
それが、ザ・ランニング&ムーブメントスクール。

ランスクの考え方

ストレスが大きい身体の使い方によって、高まるリスク

約90%のランナーがいつかは怪我をする

全てのランナーの約90%は、一度は怪我や痛みを経験します。また、その他のスポーツにおいてもランニングによる怪我は後を絶ちません。ランニングによる怪我には、様々な原因が考えられますが、負担の大きなランニングフォームによるメカニカルストレスの増大が一番の原因であると言われています。

転倒した高齢者の約5%が骨折にむすびつく

高齢者が気をつけたい事の中で、転倒があります。転倒をした事で、骨折につながり認知症へと症状が進行する恐れがあります。日常生活を送る中で、基本的な身体の使い方が、転倒予防には、とても大切になります。

人が無意識に身体を使う一連の動作は、脳によって制御されています
「ストレスが大きい身体の使い方」もまた、無意識的に脳が
過去の経験を元に動かしています

ランニングやウィーキングなど日常無意識に行っている動作は、脳が持つ過去の経験に基づくため動きには個人の癖があります。
その癖のため、非効率になっている身体の動きを、理学療法士の視点から改善点を見つけ出し、より身体に負担なく、効率の良い動きへと導きます。

OVER STRIDE

・身体の重心よりも前方に着地すること。
・理想は,重心の真下で着地する。
・各関節への負担が大きくなる。
・進行方向と逆のベクトルが働くためブレーキとなる。
・膝周囲の痛みなど様々なランニング障害が起こる。

ランスクの目標

ランスクが目指すのは、意識せず、効率的で
キレイな身体の使い方が出来るようになる事

歴史、実績のあるメソッド

ランスク(ザ・ランニング&ムーブメントスクール)のレッスンは“オリンピック選手も学んだ”実績のあるランニング指導のメソッドと、理学療法士の知識を兼ね備えたスタッフがマンツーマンで指導するので安心です。

イギリス本店 https://www.runningschool.co.uk/

人体に対する専門知識

ランスクで働くスタッフは、全員、人間の動作・機能の専門家である理学療法士です。医師の診断・指示のもとであれば、治療にも参加できる、高い専門性を持っている事で、より良いトレーニングを提供いたします。

日本理学療法士協会 http://www.japanpt.or.jp/

気軽にお問い合わせください、分析のお申し込みもこちらから

CONTACT

052-744-0033

(繋がらない場合はこちらから折り返しお電話いたします)